<< サンホラライブin横浜1日目 | main | 神霊廟プレイ中 >>

サンホラライブin横浜2日目

サンホラライブ、「第一次領土復興遠征」最後の参加です。
最後も、もちろん感想を。


  -----

■前置き

2日目のメンバーはこちら。
 5回目…下川みくに
 4回目…Sascha
 3回目…Ceui、JIMANG、MIKI
 2回目…彩乃かなみ、RIKKI
 1回目…REMI
 (敬称略)

私が領復でお会いした回数もあわせて書いてみました。
領復は6回参加したのですけど、確かに下川さんと
サッシャさんは、毎回のようにお会いした気がします。
そして、ついにREMIさんに……!

■会場

1日目と同じく、横浜アリーナ。
席はアリーナD。
左側のスクリーンのすぐ近くで、ステージが一部見えないものの
思った以上に近くて、いい席でした。今回、席に恵まれてるな〜
まっすぐ座るとセンター席が一望できるのも新鮮。

■ステージ

1日目と同じですので、省略。

■オープニング

さすがに、1日目で驚かされたので、今日は大丈夫だろうと、
思っていたら、超重力でRevoさん登場。
……それは予想できませんでしたw

・右の塔から下川みくに
・左の塔からCeui
・両翼からRIKKI、MIKI
・中央の扉からREMI、彩乃かなみ
・再び両翼からJIMANG、Sascha

1日目もですが、これだけ並ぶと、壮観です。

で、実はこれまで参加した公演、ドラムがずっとKen☆Kenで、
今回、初めて淳士だったのですが、かなり印象変わりますね。
オープニングからしてこんなにドコドコ鳴らしてたっけ?と。
どちらも好きですよ!

■Revive

この曲をメンバー含めて全員で歌うのも最後だと思うと、
感慨深いものが……がんばりました。

■人生は入れ子人形(JIMANG、RIKKI、MIKI、Ceui、下川みくに)

Reviveの終わりでJIMANGがやたら声伸ばしてたと思ったら、
この曲に繋げてきました。
素のJIMANGだと、ズボリンがとてもかっこよく見えてくる不思議。

エイレーネはRIKKIさん、コーラスはMIKIさん、Ceuiさん、下川さん。
RIKKIさんだと、なんだかいいお母さんって感じしますね。
途中のJIMANGの煽りも、抑え目だった気がします。

Ceuiさんからスコップ投げられてたのには笑いましたw
そういえば継子が妻のときもありましたね。

そして掘り当てたのはやっぱりアビスの仮面。
さらにもう一度掘ると、壊れたエリーゼが。
OK、意味がわからないw何が始まるのかと思えば……

■壊れたマリオネット(REMI、彩乃かなみ、Sascha)

あー!そういうことか、と。
REMIさん、かなみさんの高音が響き渡ります。
すごいコンビだ。空気が一気に引き締まりました。
Saschaの台詞が、またかっこよくて。

■MC

1日目と同じく、Revoさんが一人で登場。
今回は似非関連のお話はなかったのですが、キャストが多くて、
Revoさんメインの曲は1曲しかできないとのことを説明。
残念ですけど、ここまで人数が多いと仕方ないですね。

あと1日目はちょっとふざけすぎたから、今回はまじめな
セットリストです!と。
やっぱりふざけてた認識はあったのですねw

■TNG(Revo、JIMANG、Sascha)

で、この曲をやるあたりが面白いなあと。
今日のRevoさんメインの曲、これだけってw

船の乗組員にJIMANGとサッシャさんが増えてましたが、
二人とも結構自由に色々やってた気がします。

■火刑の魔女(彩乃かなみ、MIKI、Revo、Sascha)

ここからMarchenのターン!
かなみさんの表情に見とれつつ、歌声に聴き入ってました。

子役は国民。「こいつはついてるぜ!」は
やっぱりかなみさん含めて全員で。

それにしても、今回仮面も使っていないので、
MIKIさんから老婆の声が出てるのが、不思議で不思議で。

■生と死を別つ境界の古井戸(Ceui、MIKI、Revo、Sascha)

つづいて楽しい曲!と同時に……
あれ?「黒き女将の宿」は無しか〜、とちょっと残念な気持ちに。

ホレおばさんはMIKIさん。ここは仮面使ってましたね。
いろいろ継母要素が入ったホレおばさんでした。
この方はいったい何種類演じられるのか……?

歌詞の中に、セイッ!がやたら増えてたような。多分、中間部。
あとRevoさんのパペットが、さらに自由な感じに。
楽しそうだな〜。もちろんこちらも楽しいです。

■薔薇の塔で眠る姫君(下川みくに、MIKI、彩乃かなみ、Revo、Sascha)

ついに領復で聴くのも5回目です。
アプリコーゼは下川さんで、王子はかなみさん。

今回はついに王子が被りました。
ただ、大阪のときは低音厳しそうでしたが、今回はそんなことなく。
めっちゃかっこよかった……!

■彼女が魔女になった理由(MIKI、JIMANG)

Marchenで畳み掛けてきます。
これまでの曲でずっと魔女をやっているので、説得力が。
大塚さんの台詞をJIMANGがやっているのも、よかったです。

■11文字の伝言(RIKKI、下川みくに)

この流れは、大阪の再現……!
と、下川さんが台詞を言うまでは思ったのですけどね。
台詞の改変がなかったので、冬の伝言には繋がらないか〜、と。

■Prayer

この曲も最後と思うと、さみしいものです。
いままで触れてませんでしたけど、途中でReviveのサビが
出てくるところが、もうほんと感無量で。

■革命先生

……の前に、冬の伝言を少し歌ってました。

ふりだしへ戻る。
シャイターンついに登場、燃やすぞ!
物語の結末は、仙台へ。

■Sacrifice(彩乃かなみ、REMI、MIKI、Ceui)

聴きたいな〜、と思っていた曲でした……!
1日目のせいで、最初笑いそうになったものの、
コーラス始まるともう唖然。

かなみさん、すごい。すごい。すごい。
コーラスもすごい、すごい、すごい。
指差されたとき、ぞくっときました。

この曲、隊形もかっこよくて。
かなみさんが中心で、残りの3人が三角形に配置されてて、
三角形の頂点のREMIさんが2階部分で立体的に……
うまいこと説明できているか……

最後の高音はもちろんREMIさん。浄化されそう。
そして最後に左塔からJIMANG(仮面あり)が登場。

■エルの天秤(MIKI、REMI、JIMANG)

まったく違和感なく繋げてきました。
MIKIさん&REMIさんの背徳的な雰囲気がまたおおおおと。
残念だったねえ。

■エルの肖像(REMI、下川みくに)

大阪公演でかなみさんVer聴いてすげえと思ったのですが、
REMIさんもすごい。この2人は引き込まれるものがあります。

■輪廻の砂時計(下川みくに、Ceui)

聴くのは3回目です。
ようやく覚えてきた気がします。

■珊瑚の城(Ceui、RIKKI、彩乃かなみ)

聴くのは2回目です。
今回はタナトス曲多いですね。
1日目はロスト曲多めで、きれいに分かれていたようです。

■焔(RIKKI、JIMANG、Sascha)

この曲も一度聴いてみたかった曲でした……!
RIKKIさんの曲では珍しいアップテンポの曲。
花束持ったJIMANGが、渋くて。
最近では珍しくなってしまった、かっこいいJIMANGと思います。

それにしても一番驚いたのは台詞。
左塔からサッシャさんが出てきて何するのかと思えば、
若本さんの台詞を日本語で……!
大阪公演ときに若本さんのモノマネをしたからでしょうかw
ちなみに、結構似てました。

■黄昏の賢者(JIMANG、RIKKI、Revo、Sascha)

曲数的に賢者は無しかな、と思っていたので、嬉しい誤算。
RIKKIさんがクロエ役で残ってたのはいいとして、
途中からRevoさんが古井戸のパペットを手に登場。

JIMANG、Revo両名がRIKKIさんを追い掛け回したり
パペットでRIKKIさんの髪束ねてるところ食べたり
Saschaさんが出てきて「Roman」のところを「German」で
生中飲み干したり、もともと楽しい曲なところを、
さらにカオスな方向に振り切れた感がありましたw

■メンバー紹介

相変わらずいろいろありすぎて、なかなか全部書ききれないですが、

・青き伯爵の城
・光と闇の童話
・宵闇の唄
・緋色の風車
・歓びと哀しみの葡萄酒
・一人神話
・天使の彫像

が歌われたりしてました。今回は全般的にやさしい路線。
REMIさんの葡萄酒が聴けただけで、もう。
MIKIさんの一人神話もすごかったです。
ほんとこの方、何役できるのでしょう……?

かなみさんの「千の風になって」も聴き入りましたし、
サッシャさんのRevo vs JIMANGの実況も面白く、
Revoさんの彫像もちょっとびっくりの上手さで。

いろいろ書ききれてないけどこれ以上はキリがないので
こんな感じで。

■終端の王と異世界の騎士

台詞はJIMANG&サッシャ。
1日目と同様、日本語と英語が交互に。
JIMANGが台詞に回るのは予想外でした。

センターはかなみさん&REMIさん。
ついにラスト、REMIさんで聴けました……嬉しい。

そういえば、1日目のことなのですが、思い出したのでここに追記。
「大きく翔たくだろう」の部分、あずみさんが歌っていたのですが、
振り付け、声ともにすごくマッチしてて、よかったな〜

■即ち…星間超トンネル

アリーナだと、すごいタイミングでウェーブがやってきます。
あとセンター席の方のウェーブが直に見られるのが、結構楽しい。

■国歌

メンバーと一緒に歌う国歌も、これで最後なのでしょうか。
今後もあってもいいな、と思います。

■Revive


-----

これで、私の中での領復は終わりです。
あっという間の3ヶ月、でした。
あとは仙台の凱旋公演。みんな楽しめたら、いいですね。

サンホラにかぎらず、ここまでガッツリとライブに参加したこと、
これまでなかったので、今、すごく、さみしい。
上手く言葉に出来ないのですが、余韻に浸ってます。

次の機会も、がんばって参加しよう。

0

    19:01, hiiiima, サンホラ

    comments(0), trackbacks(0)

    comment









    trackback
    url:http://blog.ma-hi-te.com/trackback/55