<< サンホラライブin大阪 | main | サンホラライブin横浜2日目 >>

サンホラライブin横浜1日目

サンホラライブ、「第一次領土復興遠征」ついに追加公演です。
早速、まずは1日目の感想を。


  -----

■前置き

追加公演、一番の違いはキャスト。
2日間でヴォーカル11人、ナレーション3人が別々に登場です。
1日目のメンバーはこちら。

 3回目…霜月はるか、YUUKI
 2回目…Joelle、KAORI、栗林みな実、井上あずみ
 1回目…Ike Nelson、大塚明夫
 (敬称略)

私が領復でお会いした回数もあわせて書いてみました。
全般的に、あまりお会いできなかった方中心ですね。
特にアイクはMarchenに出てないので、本当に初めて。

■会場

横浜アリーナ
 http://www.yokohama-arena.co.jp/

これまた、でかい会場。
席はセンター真ん中でした。
(横浜アリーナのセンター=アリーナ)
今回、いい席多いな〜。

■ステージ

これまでとほぼ同じですので省略。
大阪城ホールと同様、スタンド席用のスクリーンもあり。
左右の端に城壁みたいなのが、増えてました。
舞台袖にはけるときに見えないようにするため、かな。

■オープニング

これまで、16回公演が行われてきて、ある程度傾向が
わかってきたことですし、移動中に曲目、似非の予想、
いろいろ考えていたわけです。
ミーシャとエリーザベトがいるから、その辺の曲するかな、とか……

初っ端のRevo&エリーゼ登場で、いろいろぶっ飛びましたw
いきなり本人!?そのあとは

・右の塔からYUUKI
・左の塔からKAORI
・両翼から井上あずみ、栗林みな実
・中央の扉からJoelle、霜月はるか
・再び両翼からIke Nelson、大塚明夫

まさかの全員非似非。
(非似非って表現、意味わからないな)
曲始まる前から、サプライスがくるのは予想外すぎ。

■Revive

Revoさんがこの曲歌っているのが不思議な感覚。
いやこれまでも歌っているのですが……

■宵闇の唄(Revo、Joelle、栗林みな実、霜月はるか、YUUKI)

いやいやいや。今日のメンバーでこの曲とは。
めっちゃテンションあがりました。

サビ直前で屍人姫も登場。左にJoelleさん、右に栗林さん、
左塔に霜月さん、右塔にYUUKIさん。
ポーズも原曲通り。似非の姿じゃないとちょっとシュール。
霜月さんとYUUKIさんも何か別のポーズでした。何だろう……?

†嗚呼 でもそれは気のせいよ†
の箇所も、Joelleさん何か言ってました。
マイクも入ってましたがさすがに聞き取れず。

中間部のエリーゼソロは屍人姫4人で順番に。めっちゃ高音で。
あの音域、歌えるんだ。そこに驚いてしまいました。

■星屑の革紐(YUUKI、KAORI、井上あずみ、大塚明夫)

予想通りとはいえ、この曲が聴ける日がついに……!
ほぼそのままです。星ももちろん。いい曲ですね。

あずみさんは左塔、大塚さんは右塔でした。
大塚さんが出てくるたびにかっこいい。

■MC

いつもはここでキャラ紹介ですが、今回はRevoさん一人。
今回の趣旨の説明を。細かくは忘れましたが……

本来はこの公演が凱旋だったんだけど、やっぱり違うだろうと。
今回は、仙台公演を凱旋としたい。あと、今回は似非ではなく、
それぞれの本来の格好で表現したい。

……的な感じだったと思います。
似非が出てこないのはちょっと残念ですけど、そういう形も、
ありなのかな〜、と思いました。

■この狭い鳥籠の中で(Joelle、Revo、大塚明夫)

メンバーほぼそろってる曲ですね。
Joelleさんの歌声に聴き入りました。

大塚さんはやっぱり右の塔から。
けど……やっぱりRevoさんが最後やると違和感がw

■Schwarzweiβ 〜霧の向こうに繋がる世界〜(霜月はるか、KAORI、Joelle、栗林みな実)

!!!テンション上がる曲です!!!
高音担当はKAORIさんとJoelleさんだったと思います。
これも一度聴いてみたかった曲。

■ゆりかご(井上あずみ、KAORI)

ここでこの曲。今回ほんと自由ですね〜。
似非じゃないおかげか、次の曲がまったく予想できません。
そうそう、今回は曲の間が全然ないので、どんどん繋がります。

■見えざる腕(KAORI、YUUKI、大塚明夫)

ここでまたテンション上がる曲。
大塚さんはまたまた右の塔から。

領復で聴くのは3回目ですが、大塚さんが入ると締まりますね。
かっこいい。

■青き伯爵の城(栗林みな実、大塚明夫、Revo)

大塚さんが右の塔から戻らずにそのまま降りてきてこの曲です。
畳み掛けてきますね!
非常に引き締まった青髭でした。

■神の光(全員)

青髭、最後に大塚さんが倒れこんで、そのあとどうするのかなと、
思ってたら……思わずぽかーんとしてしまいました。
いや笑う曲ではないのですが、これは予想外すぎて。
今回一番のサプライスかもしれません。

しかもこれ、今回唯一のMoira曲です……いいのでしょうかw
そういえば変態神官の神話が始まったこともありましたし、
Moira曲は要所で入れられると、ネタ曲になるのか。

■Prayer

大阪公演では、鎮魂曲に思えて、と書いたのですが。
今回は普通に燃える曲に感じました。

■革命先生

横浜ベイスターズの村田選手。
[鐘ゴーンの後]なるほど、それで君は(中略)さぁ、唄ってごらん。
いいえ、私は復讐など望んではいないわ。
彫られるか、掘られるか。

■海の魔女(霜月はるか、Ike Nelson)

アコースティックよりのほうでした。
最後の台詞、Revoさんと思いきや。アイクが英語で。
おおそのパターンもあるのか〜

■キミが生まれてくる世界(Joelle、井上あずみ、霜月はるか)

Joelleさんのこの曲は反則だと思います。
思わず聴き入ります。ただただ、すごい。

■<ハジマリ>のクロニクル(井上あずみ、栗林みな実)

いろいろありつつ。
やっぱりあずみさんのハジクロはいいですね。

■エルの楽園[→side:E→](栗林みな実、井上あずみ、霜月はるか、Ike Nelson)

Ceuiさんが歌うと思っていたら。
今までよくあったパターンですが、私は初めてで、新鮮でした。

■緋色の花(YUUKI、栗林みな実)

忘れ物はありませんか……?

■緋色の風車(KAORI、YUUKI、Joelle、Ike Nelson)

風車!風車!
この領復で一度も聴けてなかったので、テンションマックス!

REMIさんパートはJoelleさん。全然違和感なし。すごい。
JIMANGパートはアイク(英語)。さすがにちょっと違和感。
けど珍しいパターンを聴けた気がします。

というかそんなこと関係なく煽りがすごい!
最後のサビはRevoさん以外全員出てきて、風車!風車!

■澪音の世界(KAORI、Joelle、栗林みなみ、井上あずみ、YUUKI、霜月はるか、Revo)

テンションあげたままこの曲に突入。
もうお祭り騒ぎ。頭真っ白で。
中盤でRevoさんも登場、歌ったり台詞言ったり。
完全にSound Horizonの世界に、囚われてしまいました。

■メンバー紹介

いろいろありすぎて、なかなか全部思い出せないのですが、

・朝と夜の物語
・TNG
・薔薇の塔で眠る姫君
・Sacrifice
・檻の中の花
・人生は入れ子人形
・死せる乙女その手には水月
・奴隷市場

あたりが、ちょこちょこ歌われたり踊られたり。
というか、「Sacrifice」が強烈すぎて……!
Revoさん筆頭に、かなりうけてました。

■終端の王と異世界の騎士

台詞は大塚さん&アイク。
日本語と英語が入り混じる、不思議な状態に。

センターはKAORIさん&Joelleさん。
終わりが近づいてきました……

■即ち…星間超トンネル

ここまで会場広いと、壮観。
汗だくに。いまだにサビの左右がよくわからないのです。

■国歌

ああ終わってしまいます。

■Revive

終わってしまいました。

-----

やっぱりサンホラ、予想通りにはならないなあと思いました。
けど似非がいないと、ちょっと物足りないかな、とも。

たまにはこういうのもいいとは思うのですけど。
オープニングの似非登場で、幻想世界に引きずり込まれる、
そんな感覚があったので……

とかいいつつ、これまでで一番楽しんでた気もします
これがRevoさんの言ってたマンパワー?
次の日も楽しみにしつつ、1日目の感想はこんな感じで!

0

    10:58, hiiiima, サンホラ

    comments(0), trackbacks(0)

    comment









    trackback
    url:http://blog.ma-hi-te.com/trackback/54