<< サンホラライブin神戸1日目 | main | 冬コミ申し込みました〜 >>

サンホラライブin神戸2日目

さあ2日目です。
超長文、かつハイテンションですが、あきらめてください!
テンション高い理由はすぐ後で。


  -----

■前置き

神戸1日目との違い。
 抜)KAORIさん、栗林さん、霜月さん、Saschaさん
 入)Ceuiさん、MIKIさん、YUUKIさん
MIKIさんは領復では初めて。下川さんはなんと3回連続。
野薔薇姫マスターを名乗ってもいいでしょうか。
ナレーション無しなのはちょっと残念ですが、
そんなことは全く気にならなかったです。なぜかというと……

■会場

1日目と同じ会場なのですが、席がですね。
1階2列目だったのです。

数ヶ月前の発券のときからテンション上がったものですが、
実際に席にたどり着くと……近い!めちゃ近い!
始まる前からすげえ、すげえとしか。
今年の運を使い果たしたのではないでしょうか……!

■ステージ

間近で見ると、思った以上に質感が出てて感動。
石、いやレンガ?っぽい雰囲気が出てました。

■オープニング

もう初っ端のエレヒェンで色々振り切れましたw
指揮棒持ってるよ指揮棒。実は最初メルヒェンと勘違い。

で、右の塔からズボーギュスト。Jimangまで合体とは……!
左の塔からレナ。実はすごく珍しい予感。
両翼から野薔薇姫、継子、そして中央の扉からテレーゼ。
メンバーからほぼ予想通りとはいえ、Marchen中心……!

■Revive

この曲、横一列にメンバーが並ぶのですが、いやいやいや近い!
思わず顔をガン見してしまい歌詞ところどころ間違えてしまいましたw
イントロでダンサー近衛兵が旗をブンブン振ってるのも迫力があって、
後ろからも歌声が聞こえてきて、もう頭真っ白でした……!

■奴隷達の英雄(エレヒェン、レナ、テレーゼ、野薔薇姫、継子)

前日も聴きましたが、Reviveから繋がると、
テンション高いまま突入でまた違った印象。
コーラス隊も全員違いますしね。

前日と同じく寒色系女神、暖色系女神の中の人が1人ずついますが、
この日は服装が違うので女神が1人もいない感じに。
とはいえ、それは後から思ったこと。
正直なところノリノリになってて、よかった!としか覚えてませんw

あ、エレヒェンは短剣を一回抜いたあとまた戻して、
指揮棒で戦ってたことは覚えてます。

■人生は入れ子人形(ズボーギュスト、継子、レナ、テレーゼ、野薔薇姫)

楽しい曲、きた〜!
なんかよくわからないですが、エイレーネはイドに連れて行かれて、
サランダが妻になったけど爺さん(サァディ?)に連れて行かれて、
継子が新しい妻になった、みたいです。

ズボリンと継子のやりとりがなんか初々しくて面白くて……w
やたら妻を溺愛してる風に感じたのは、
オーギュストが混じってるからかな。

序盤、ズボリンと一緒に踊って歌う人にダンサーが混じってて、
中間部はどうするのかな〜と思ってたら、
ズボリンが自分で歌ってました。

レナにスコップ投げつけられたり、階段でスコップを足で上手いこと
跳ねさせようとしたら、すごい方向に飛んでいったり、
とにかく色々カオスな、めっちゃ楽しい曲でございました。
で、最後に掘り当てたのはアビスの仮面。最後までカオス。

■メンバー紹介

ズボーギュスト、継子のやりとりを「茶番を見せられた気がする」と
エレヒェンが言いながらメンバーがずらずら出てきて。

 エレヒェン「継子、おまえお金目当てだろう」
 継子「……少しは。」
 継子「復讐しろという声が聞こえてくるのです……」

あたりのやりとりが面白くて。
どんどんメンバー紹介というか一芸大会なってきて、それはそれで。

で、後半で井戸召喚、みんなで合唱。
 「いーどーはーうーごーくー」
 「いーどーをーたーてーるー」
後から思い返すとシュールなんだけど、なんだろう
そのときはすごく面白かったのですw
それにしてもなんで井戸召喚したんだろうと思ったら

■光と闇の童話(エレヒェン、テレーゼ)

まさかの……!ほぼ原曲通りのメンバー。
エリーゼももちろん登場。間近で見られて嬉しい。
個人的にかなりサプライズな曲だったので、逆に思い出せない矛盾。
いやまわり含めてみんなテンションマックスだったのでは。

■彼女が魔女になった理由(テレーゼ)

こちらもほぼ原曲通り。
テレーゼをずっと見てました。
これの最後はいつも拳振り上げるの、躊躇します。

■薔薇の塔で眠る姫君(野薔薇姫、テレーゼ)

アルテローゼ、王子がテレーゼで、
アプリコーゼが野薔薇姫。
テレーゼ、最後は王子でした。
国民からの呪いを全力で守っててカッコいい。

実は3回連続で聴いているのですが、毎回王子役が違ってて
印象もかなり変わりますね。

 エリーザベト王子…凛々しい
 アイオリア王子…かっこいい
 テレーゼ王子…優雅

こんな感じで。
服装はエリーザベトが一番それっぽかったかも。
男装の令嬢みたいな雰囲気で。

■天使の彫像(ズボーギュスト)

このまま古井戸くるかな、と思ったら。
正直なところ、ずっとテンション上げっぱなしで疲れかけてたので、
助かりました。古井戸だったら大変でした。

CDでは印象薄い曲だったのですけど、
間近で聴くと、やっぱりいいですね。
なんか歌詞が違った気もしましたが。

■生と死を別つ境界の古井戸(継子、テレーゼ)

盛り上がる曲!
ホレおばさんもテレーゼで、ホレおばさんなのに
この愚図!とか言ってたり、継子が怯えてたり。

愛知1日目はエリーザベト無双でしたが、
今回はテレーゼ無双ですね。
いやしかしほんとこの曲は楽しそう。バンドメンバーが近くて。

■Prayer

インスト曲。
最前列で、バンドメンバーの演奏が見られるなんて……!
みんなかっこいい。

■革命先生

エレヒェン誕生。
どちらへ進んでも変態登場。(変態神官or女将)
圧倒的多数で黒狐亭へ。

■美しきもの(YUUKI)

愛知1日目に続き。原曲通り。
すごく、輝いてました。
上手く言葉で言えないのですが、なんというか、ズンときたんです。
今回の領復で聴いて、一番印象が変わった曲かもしれません。

■エルの絵本【魔女とラフレンツェ】(下川みくに、MIKI)

ついに……!
この曲、記録が確かならライブではほとんどやってない曲。

「薔薇の塔で眠る姫君」からつなげてこないかな〜と思っていたので、
これは嬉しすぎる。しかも下川さんとMIKIさん。
聴けて幸せ。曲の内容は幸せじゃないけど。

台詞もしっくりきてました。
あと、ダンサーの2人が名演技。

■エルの天秤(MIKI、Ceui、ズボーギュスト【アビス】)

いやいや聴きたかった曲続きすぎでしょう……!
「人生は入れ子人形」から繋がってる感じがします。
アビスの仮面をかぶったズボーギュスト……カオス。
最後の金貨放り投げは当たるかとw

生誕祭DVDとほぼ同じ構成なのですが、Cueiさん美人ですね。
かわいいイメージがあったので、驚き。
MIKIさんにはゾクッと。

■緋色の花(YUUKI、Ceui)

愛知1日目に続き。
忘れ物はありませんか……?

■珊瑚の城(Ceui、下川みくに、YUUKI)

初めて聴いた曲。
さすがに覚えていないですが、いい曲でした。

■澪音の世界(Jimang、YUUKI、Ceui、下川みくに、MIKI)

この曲、前日すごく楽しそうで……
今日も聴きたいな、と思っていたのです。願いが叶いました……!
皆さん素敵すぎるでしょう。笑顔がまぶしい。

歌う人が変わる度に、その人を見て、テンション上がって……
最後の方はヘトヘトに。気持ちいい。
あと、前日は気づかなかったのですが、
「澪音」の振り付け、いいですね。

■終端の王と異世界の騎士

もうこの頃には、だいぶん放心状態で。
記憶が飛んでます。

■メンバー紹介

今回の無茶ぶりは、自分が歌いたい曲を歌うという感じで。
YUUKIさんの「檻の中の遊戯」、実際に聴いてみたいな〜。
エリーゼは相変わらず毒舌。

■即ち…星間超トンネル

わりと振りが忙しくて、曲を聴いてる余裕があまりないのが
残念な曲なのですが、楽しいからいいや。

■国歌

今回メンバー側も歌っているのですが、実際のところ3番以外は
国民の声が大きいのであまり聞こえてなかったのですよ。
今回は、ばっちり聴けました。

金のテープ、これまで1階じゃなかったので
人から譲って貰ってて、今回は直接とれるかな、
と思ったら、前すぎてあまり降ってこず。
隣の方が、気を遣ってくれて後ろから貰ってきてくれたの、
嬉しかったです。その気持ちが。

そして、最後の手をつないで礼するところ、手をぶらぶらしてたら
ぶらんこの前半部分の合唱になって、
意味はわからなかったけど楽しかったw

■Revive

すごいんです、後ろからの声が。
全力で歌いました。

-----

あっという間の3時間で、すごく、幸せでした。
終わってしまったとき、思わず呆然と。

元々いい席だし、どんな選曲だろうと楽しいだろうな、と
思っていたところに、選曲まで好みだったので、もう、嬉しくて。

次こんな前の席で見られるのはいつになるかわからないけど……
いやそんなことはどうでもよくて。
この楽しいひととき、続けばいいな。
1週間で3公演見て、そう思いました。

次は、1ヶ月後の大阪公演。楽しみにしています。

0

    16:34, hiiiima, サンホラ

    comments(0), trackbacks(0)

    comment









    trackback
    url:http://blog.ma-hi-te.com/trackback/50