<< Mコミおつかれさまでしたー | main | 寒くなってきたのでそろそろ冬眠を検討しよう >>

「Revo Linked BRAVELY DEFAULT Concert」行ってきました

どうも、ひーまです。

先日、「Revo Linked BRAVELY DEFAULT Concert」に行ってきました。
簡単に説明すると、サンホラのRevoさんが3DS用ゲーム
「ブレイブリーデフォルト」の楽曲担当になったのです。
で、ゲームとは別にヴォーカルバージョンなどのCDも出してて、
それと合わせてのコンサートでした。
詳細はググってください。

オーケストラ演奏あり、バンド演奏あり、ヴォーカル曲ありと
なかなか普段体験出来ないコンサートで、
めっちゃ楽しかったですよー!
ですので、やっぱり感想を書いておこうと。

※ブレイブリーデフォルトのネタバレ含むかも、注意!
※コンサート行ってた人は大丈夫なレベルです

まずは、メンバー。以下、コピペです。

-----
■Vocals:
Revo、mao、Ceui、RIKKI、Joelle、Daisy×Daisy(MiKA)、小湊美和

■Narration:
Ike Nelson

■Musicians:
田代耕一郎(Gt.)、西山毅(Gt.)、マーティ・フリードマン(Gt.)、YUKI(Gt.)、
長谷川淳(Ba.)、河合英史(Key.)、桜庭統(Key.)、淳士(Dr.)、鈴木正則(Tp.)、
旭孝(T.whistle)、平原まこと(Sax)

弦一徹ストリングス

千住明(Cond.)
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

田淵章宏(Mp.)
-----

なんじゃこりゃ!ってくらい多いですが、実際すごい舞台でした。

基本隊形は
 左側…ギター(YUKI)、ベース(長谷川淳)、ドラム(淳士)
 右側…ギター(西山毅)、キーボード(河合英史)
 中央…ヴォーカル
 奥(上段)…管弦楽団
みたいな感じです。

あと曲によって
 左中央寄り…キーボード(桜庭統)、ティンホイッスル(旭孝)
 左中段…トランペット(鈴木正則)、トランペット&ホルン(管弦楽団?)
 右中段…弦一徹ストリングス
 右中央寄り…ギターなど(田代耕一郎)、ソプラノサックス(平原まこと)
 中央…ギター(マーティ・フリードマン)、ギターorアコーディオン(Revo)
と出たり入ったりしてました。弦一徹ストリングスはずっといたかも。

という感じで、ここから順番に感想!


☆Theme of the Linked Horizon(大紀行から)

 始まりは「彼の者の名は… [Vocalized Version]」の冒頭、
 ここでPVの少女登場。いきなりサプライス!
 このまま始まるのかなー、と見せかけてのこの曲でした。
 ヴォーカルの方も全員出てきましたよ。もちろんアイクも。

☆ルクセンダルク紀行(大紀行から)

 大紀行から続きます。ここで管弦楽団の手前のスクリーンが降りて、
 それぞれの街並が映し出され、テンション上がります。
 印象に残っているのはCeuiさんの振り付けと小湊美和さんのハイトーン。
 音量が大きかったのかビリビリしましたw
 あとどっかでRevoさん出てきた気がします。

……

ここから、あまり曲順を覚えていないのです。
ラスト辺りは覚えているので、そこまではパート毎に。

【オーケストラがメイン】
☆フィールド音楽メドレー(サントラから)
 ゲームをプレイしていると、馴染み深い曲ばかりですね。

 ・光と影の地平
  ティンホイッスルにうっとりしつつ、ライトが曲に合わせて
  昼から夕方、夜に変化しててにやりと。

 ・海原を駈ける船
  聴いた回数は少ないのですけど、いやいいですね。
  やっぱり海は3拍子!木管楽器もいいです。

 ・大空を翔ける艇
  いきなりバンドが入ってきてびっくりしましたw
  トランペットかっこいい。

☆色々メドレー(サントラから)
 聴きたいなー、と思っていた曲がどんどん出てきて、嬉しい限りでした。
 ただそれが故に、ここちょっとあやしいです。抜けがあるかも。
 特に思いだしたことだけ、書いときます。

 ・水晶の闇
 ・水晶の煌き
  Ceuiさんが巫女の動作をしてました。

 ・風が吹いた日
  この曲は聴いててしみじみします。

 ・緊迫の時
  うねる弦楽器ってかっこいいよね。

 ・公国の御旗の下に
  英ちゃんのパイプオルガン系のソロからのこの曲。
  金管楽器かっこいいね。

 ・他愛もない出来事
  楽しい曲!

【バンドがメイン(インスト)】
☆バトルメドレー
 熱いメドレー!やっぱバトル曲はテンション上がります。
 なかなかバンドメインのインスト曲聴く機会、ないですしね。
 ホルン4人とトランペット2人も前に出てきてました。

 ・戦いの鐘 [Long Version](大紀行通常版から)
  メドレーだからサントラ盤でくるかと思ったら、ロングバージョン!
  桜庭さんも登場で空気がガラッと変わった記憶があります。
  すごく、プログレ。

 ・戦いの果てに [Long Version](小紀行限定版から)
  続いてこれ。ここでマーティが登場!
  ギター3本大暴れ、キーボードも荒ぶって
  HR/HMの空気も流れ始めました。

 ・彼の者の名は… [Vocalized Version](小紀行から)
  これはヴォーカルバージョン。Revoさんがギター持って登場。
  ギター4本というあまり見たことない空間が出来上がりました。
  間奏でギター4人集まってポーズ決めてるところ、よかった!

 ・勝利の歓び(サントラから)
  最後にヴォーカルの方々が躍りで出てきて終了!

【ヴォーカルがメイン】
☆バラードタイム(大紀行から)
 今回の曲でバラードといえば、あの2曲しかありません。

 ・虚ろな月の下で [Vocalized Version]
  RIKKIさんヴォーカル。実は「聖戦のイベリア」以来の参加なんですよね。
  RIKKIさんはもうRIKKIさんとしか言えなくてよかったです。

 ・花が散る世界 [Vocalized Version]
  Joelleさんヴォーカル。やっぱり声が綺麗。
  しっかり雨の描写もされていました。

☆ポップスタイム(大紀行から)
 キャラソング。最後にあの曲が待っています。
 ヴォーカルの方は少しキャラに近い服装でした。

 ・君は僕の希望 [Vocalized Version]
  maoさんと、ティンホイッスルの旭孝さんがメイン。
  maoさんの中性的な歌声、いいですね。
  ティンホイッスル、音域が他の楽器と被ってないからか、結構響いてきました。

 ・風の行方 [Vocalized Version]
  Ceuiさんと、バイオリンの弦一徹さんがメイン。
  Ceuiさんの透明な雰囲気と、バイオリンがマッチしてて
  これまた良いですね。

 ・雛鳥 [Vocalized Version]
  小湊美和さんと、ソプラノサックスの平原まことさんがメイン。
  小湊美和さんのハイトーン、やっぱりすごいなー。突き抜けてくる感じ。
  ソプラノサックスともよく合ってました。
  あと、Revoさんがギターで登場。次の曲は……?

 ・愛の放浪者 [Vocalized Version]
  Revoさんと、アコーディオンのRevoさんがメイン。慌ただしいw
  アコーディオンソロを弾いた後の歌い出しが一番安定していた不思議。

 ・純愛 十字砲火 [Long Version]
  問題の曲です。ノリノリで楽しかった!みんなもすごいな。
  ファイア出まくりでした。後半さらに数も増えて笑ってしまいw
  この曲でしか使ってないですよね、ファイア。

この辺まで順番など覚えてない感じでした!
いよいよクライマックスへ向かいます。

……

☆ラスボスメドレー(サントラから)
 最高に熱いメドレー!

 ・邪悪なる戦い
 ・邪悪なる飛翔
  この二曲も熱いのですが、最後の曲がインパクト強くて……!

 ・地平を喰らう蛇
  コーラス部隊はヴォーカルメンバー。他にもメンバーたくさん。
  トランペットのクレッシェンドもテンション上げてきます。
  唸るギターソロ。大暴れのドラム、すごく大変そうなベース。
  ……からの、キャラテーマ!
  ティンホイッスル→バイオリン→ソプラノサックス、
  最後に中央からアコーディオン!
  そして序曲をトランペットが勇ましく吹き上げて、テンションは最高潮!
  聴いててうずうずしてました。いやーよかった。

☆希望へ向う譚詩曲(小紀行、大紀行、サントラ)
 ラスボスと来たら、後はこれしか残っていません。
 この曲、やっぱり「Marchen」を思い出すんですよね。
 ただ、今回はコンサートバージョンということで、全員集合。
 後半の盛り上がるときのギターソロが、色んな楽器のソロが繋がってく感じに、
 最後は全員で歌い上げ、締めは「ブレイブ・リー・デ・フォルト!」
 

アンコール
☆即ち…光をも逃がさぬ暗黒の超重力
 まさかサンホラ曲やるとは思わなかったw

-----

こんな感じです!なんかよかったとしか書いていない気もしますが。
3種類くらいのコンサートが混じっている感じの、
普段ではなかなか味わえない面白いコンサートでした。

けど一番印象深かったのは、Revoさんがとてもウキウキだったこと!
MC含めて終始楽しそうでした。


0

    19:01, hiiiima, サンホラ

    comments(0), trackbacks(0)

    comment









    trackback
    url:http://blog.ma-hi-te.com/trackback/102